余暇活動報告


 7(がつ)27(にち)()は、京都(きょうと)競馬場(けいばじょう)見学(けんがく)()きました参加(さんか)人数(にんずう)(めい)、とても(あつ)かったです。

 京都(きょうと)競馬場(けいばじょう)京都(きょうと)()京都(きょうと)()伏見(ふしみ)()にある競馬(けいば)(じょう)です。施行者(しこうしゃ)ならびに管理者(かんりしゃ)日本(にっぽん)中央(ちゅうおう)競馬会(けいばかい)です。()()(えき)名前(なまえ)から(よど)競馬場(けいばじょう)(よどけいばじょう)、あるいは(たん)(よど)と通称(つうしょう)されます。1925(たい)(しょう)14(ねん)12(がつ)1(にち)現在(げんざい)()開設(かいせつ)された開場(かいじょう)当初(とうしょ)京都(きょうと)競馬場(けいばじょう)は、沼地(ぬまち)(ちか)地盤(じばん)(つく)られたこともあって、非常(ひじょう)馬場(ばば)状態(じょうたい)(わる)かったようです。このため、馬場(ばば)(たたみ)(ゆか)()()めて改良(かいりょう)した逸話(いつわ)があります。1936(ねん)昭和(しょうわ)11(ねん))には鉄筋(てっきん)コンクリー(せい)収容(しゅうよう)人員(じんいん)25000(めい)(ほこ)(だい)スタンド竣工(しゅんこう)しましたが、戦時中(せんじちゅう)金属(きんぞく)回収(かいしゅう)によって屋根(やね)撤去(てっきょ)され、1959(ねん)昭和(しょうわ)34(ねん))に復旧(ふっきゅう)するまでスタンド(すたんど)のほとんどに屋根(やね)がなかった時期(じき)があったそうです。現在(げんざい)は、ビッグスワン(びっぐすわん)グランドスワン(ぐらんどすわん)という立派(りっぱ)スタンド(すたんど)があり、レース(れーす)開催(かいさい)()には大変(たいへん)なにぎわいです

見学(けんがく)当日(とうじつ)は、残念(ざんねん)ながらレース(れーす)開催(かいさい)していなかったので、(うま)(はし)っていなかったですが、(ほか)競馬場(けいばじょう)開催(かいさい)しているース(れーす)馬券(ばけん)(はじ)めて購入(こうにゅう)するという体験(たいけん)をしました。

色々(いろいろ)種類(しゅるい)買い方(か かた)(うま)(たん)馬連(うまれん)三連(さんれん)(たん)など)があるので、利用者(りようしゃ)さんに説明(せつめい)するのも大変(たいへん)で、はちゃめちゃでした。みごと()たった(ひと)2(めい)いました

今回(こんかい)見学(けんがく)するのが(はじ)めての(ひと)(おお)かったので、前々(まえまえ)からみんな(たの)しみにしていて、場内(じょうない)散策(さんさく)したり馬券(ばけん)()ったりと、(みじか)()(かん)でしたが(たの)しく()ごすことができました。

 

(がつ)余暇(よか)活動(かつどう)のお()らせ

 8(がつ)10(にち)())は、暴君(ぼうくん)(おう)T()-()REX(REX) ジェーン(じぇーん) 関西(かんさい)初上陸(はつじょうりく)!!「よみがえる地球(ちきゅう)覇者(はしゃ)世界(せかい)大恐竜展(だいきょうりゅうてん)」の(けん)(がく)です。開催(かいさい)場所(ばしょ)(きょう)セラドーム(せらどーむ)大阪(おおさか) 9(かい)スカイホール(すかいほーる)です。長堀(ながほり)鶴見(つるみ)緑地(りょくち)(せん)ドーム前(どーむまえ)千代崎駅(ちよざきえき)」より徒歩(とほ)すぐのところにありますので、交通費(こうつうひ)として往復(おうふく)(やく)1200(えん)必要(ひつよう)です。入場料(にゅうじょうりょう)は、(しょう)がい(しゃ)手帳(てちょう)お持ち()(かた)()()(しゃ)1(めい)まで)、小学校(しょうがっこう)入学前(にゅうがくまえ)幼児(ようじ)無料(むりょう)です。ご参加(さんか)自由(じゆう)です。親御(おやご)さんやご兄弟(きょうだい)姉妹(しまい)()()(だれ)でも参加(さんか)できます。どうぞご()(がる)にご(さん)()ください。(さん)()()(ぼう)(かた)は、8(がつ) 7()までに、就労支援センターあんずまでご(れん)(らく)ください。8(がつ)24(にち)())は、ショッピングと散歩(さんぽ)予定(よてい)です。

活動(かつどう)内容(ないよう)は、来月号(らいげつごう)(くわ)しくお()らせする予定(よてい)です。どうぞ、お(たの)しみに!

7月は日程の都合上、余暇活動は1回だけとなりました。その1回の余暇活動は淀競馬場です。

 もともと、余暇の話し合いをしているときに、雨天でも出かけられる近場はないかというはなしになり、その候補に「淀競馬場」が挙がりました。

 あそこなら、雨が降っても建物が大きく、楽しめるのではないかというのが理由です。

 だから、候補としては次点というか、雨天用だったのですが、どうも魅力があるらしく「行きたい」という声が大きくなり行くことになりました。

 競馬場は言うまでもなく賭け事をするところですから、これがきっかけで競馬にはまってしまったとなるのも困るので、見学程度に済ませました。

 競馬に興味のない人は、散歩をしました。競馬場はけっこう緑が多いのです。野外ホールで休憩し、大きな錦鯉をみて安らぎました。

 けっこう楽しかったですよ。