活動報告

・8日の余暇活動でドライブ組は、奈良県都の境にある「くろんど池」に行ってきました。以前、といってもだいぶん前ですが、車で中の駐車場までいった記憶があり、秋の紅葉を楽しもうと思っていたのですが、行ってみると駐車場に入るのに800円かかるといいます。

 長い時間いるわけではないので、くろんど池に入るのはあきらめました。

 そこで、今度はくろんど園地という大阪府の府民の森に足を運びました。車でたどり着くには大変な道でしたが、着いてみるととても静かなところでした。木の葉が風にゆれると、こもれびがそこここでやわらかくゆれているような場所です。

 帰りは河内磐船にむけて山を下っていきました。途中に傍示(ほうじ)の里という集落をとおります。この集落は、うすぐらい山道を抜けると突如としてあらわれ、しかも懐かしく、美しい田園地帯です。ここは河内の最果てで、山道を通ると大和(奈良)というちがう国にはいります。傍示というのはその国境の標識を立てていたところという意味だとのことだそうです。古い歴史が刻まれた土地だから、心にも響くのでしょうね。

 河内磐船の駅につくと、そこでみんな電車に乗るといい、ドライブ組は解散となりました。


・寝屋川市で模擬面接がありました。あんずからは、1名の利用者が参加しました。

 面接後、本人の評価書をいただきました。多くのチェック項目があり、面接官の所見も書かれています。私たちも模擬面接をすることがありますが、どちらかと言えば面談に近く、ついアドバイスの量が多くなってしまいます。そのぶん、焦点があいまいになりがちです。評価書を見せて頂いてとても参考になりました。


・インフルエンザの流行する季節になりました皆さんしっかりと手洗い、うがいをしましょう。それと咳エチケットもわすれずに。



余暇活動の報告

11月22日(土)は、「京都の紅葉を見に行こう!」ということで清水寺へ行って来ました。

京阪線祇園四条駅から祇園方面に歩いていくと八坂神社が徐々に見えてきます。この日は連休の初日で行楽日和だったので、参拝客が多かったです。

昼食は、清水寺に行く道中にある高台寺公園のベンチに座って食べました。たまには外で食べるランチもいいものですね!
この日は防寒用の上着がいらないくらいのポカポカ陽気で、美味しく食べることが出来ました。
    

道すがら、人力車が走っていたり、舞妓さんの撮影をしていたりと京都らしい風景に出逢えてうれしかったです。    

坂道や階段を上がって行くと、二年坂や三年坂があり、道の両側にはお土産屋さんがズラリ立ち並んでいました。八つ橋屋さんやかんざし屋さん、扇子屋さん、和風小物のお店などが軒を並べていました。

さすがに、京都らしい可愛いおみやげばかりで、迷うほどでした。みんなも興味津々でしたが、ものすごい観光客がぞろぞろ歩いていて、歩くだけで精一杯の状態でした。ゆっくりと見ることができず残念でした。

30分ぐらい歩いてやっと、清水寺の二王門に到着しました。二王門前には外国人観光客がいっぱい来ていました。さっそく清水寺本堂へ!    

本堂の舞台から見た紅葉は真っ赤なもみじがとてもきれいでした!しかし舞台の上は人、人、人だらけで身動きできないほどでしたが。釈尊堂、阿弥陀堂から見た、舞台と紅葉の鮮やかなこと!!

音羽の滝の参拝者の長い行列にも、びっくりしました。    

帰り際には、数名が道に迷ったり、足が痛い人が出てきたりと珍道中でした。

 

また来年もみんなで紅葉を見に行きたいなあ。清水寺の紅葉はとっても鮮やかで、秋を満喫できましたよ!