コスモス畑にいきました

10月4日(土)の余暇活動は、枚方市穂谷のコスモス畑を見に行きました。私たちは自動車で行ったのですが、場所は京阪電鉄・枚方市駅から京阪バス穂谷行きに乗り、境橋バス停で降りて関西外国語大学・穂谷学舎を左に見ながら歩いたところにあります。看板が小さかったので少し迷いましたが無事に到着しました。

 「穂谷コスモスの里」は、広大な棚田の休耕田のあちらこちらに、コスモスやひまわりを植えたもので、穂谷農業振興協議会の案内ポスターによりますと、100万本のコスモスが植えられているそうです。

 一面に広がる色とりどりのコスモスが秋風に揺られとてもきれいな光景でした。また夏に見ることができなかったひまわり畑をこちらで見ることができて感激しました。ここのコスモスは、自分の好きな茎(60cm以内)を10100円、ひまわりは3本300円で持ち帰ることができます。料金は摘み取った畑に設けられた竹筒に入れるだけでOKでした。私たちはたくさんの花を摘んで、楽しいひとときを過ごすことができました。
 花を持ち帰る事を目的とする方は、事前に包み紙やビニール袋と花バサミ、切り口を包む水を含めた綿花などを持参した方が良いようです。

来年もまた余暇活動で来たいなあと思いました。みなさんも、ぜひ見学してみてはいかがですか?


後記

・ 先月からはじめたグループミーティングですが、作業が忙しい時は、なかなか時間をとることができません。今月の後半は他の案件もはいり、グループミーティングを開けませんでした。

 それでも、月前半の話し合いは、トイレの基本的な使い方などを話し合いました。こうした話し合いをすることで少し、自分の行動を客観的に見ることができます。そして、人にどういう印象をあたえているのか、どう見られているのかという社会のなかで生きていくうえで重要な視点をほんの少しでも身につけることができるのです。


・ 10月も台風が矢継ぎ早にやって来ました。ちょうど、日曜日、祝日に襲来したのこともあり、各ご家庭への連絡がスムーズいきませんでした。申し訳ありません。

 この台風はいずれも大型でつよい勢力を維持したまま近畿に上陸したので、昨年の浸水のことが思い出され、気がきではありませんでした。昨年の浸水の学習でブルーシートを使った防水方法にしました。楠葉の浸水するあたりでは、みなさんこの方法を使っています。


・ 月の後半は、見学に来られる方が続きました。

 八幡支援学校の先生がはじめて見学に来られました。以前、卒業生の相談で八幡支援学校におじゃましたことがあり、面識はあったのですが、あらためて訪問してくださいました。

 楠葉の地は坂を上がるとすぐに京都府にはいる土地柄です。逆に八幡市からすると、坂を下ればすぐに大阪府に入ります。通勤、通学で樟葉駅を利用されるかたも多くいます。そんなこともあり、行政区は違いますが、八幡支援学校の方々とは今後とも良好な関係を作っていきたいと思います。


・ 石けん作りにはげんでいます。いまのところ、まだ実験段階で、いろんな試行錯誤を繰り返しています。どんな試行をしているのかというと発色についてです。もう少しでいい色ができそうです。